風がやみ穏やかになること。

…だそうです

 

 

食欲の風が吹き荒れたので行ってきました、新宿に

f:id:warabbit:20170717222839j:image

 

ゴールデン街

 

f:id:warabbit:20170717222908j:image

 

「 ラーメン 凪」に

f:id:warabbit:20170717223008j:image

 

f:id:warabbit:20170717223102j:image

 

煮干しの濃厚な味がして、とっても美味しかった。

麺もちぢれ麺でより煮干しの出汁が引き立ってました。

 

 

 

 

 

ソファの底を張り替えてみた

社会人になってから買ったソファが5年も経つと…

 

f:id:warabbit:20170626201314j:image


Σ(・□・;)

 

底が悲惨なことに …

 

 

というわけで、張り替えました!!

 

 

古い不織布を剥がして

 

f:id:warabbit:20170626201950j:image

 

新しい布をタッカーでバチンバチン止めたら…

 

 

f:id:warabbit:20170626202207j:image

 

 

完成!!!!

 

 

2時間ほどですっかり綺麗になりました。

 

 

 

 

はじめに

鎌倉時代吉田兼好が書いた徒然草は、

「徒然なるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、

そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」

といった感じで始まる。

 

 

これを現代風かつ今の自分に置き換えると、

「徒然なるままに、日暮らしPCに向かって、妄想しながら

ネットサーフィンしていると、あやしうこそものぐるほしけれ。」

といった感じになるのだろうか。