その他

はじめに

鎌倉時代、吉田兼好が書いた徒然草は、 「徒然なるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、 そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」 といった感じで始まる。 これを現代風かつ今の自分に置き換えると、 「徒然な…