ワラビーの日記

アラサーのサラリーマンです。

時間にルーズな人との付き合い方

時間にルーズな人から連絡をもらうと心理的にストレスを感じる。

時間にルーズな人は、24時間しかない相手の時間を無駄にしている事に気が付いていない人が多い。その中でも、「悪かった」や「申し訳ない」という思いや素振りがある人はいいのだが、たまに全く思わない人もいる。

そういった人は、こちらの文句もどこ吹く風といった感じであり、付き合い方も悩ましい。

 

時間にルーズな人を分類すると以下の4つになると考えている

 

①違う方向への情熱がすごすぎる。

    →目標があり、そこしか見ていない

 ②相手のことがたいして大事じゃない

    →少しくらいいいだろう。許せ。

③本人は頑張っているのにルーズ

    →見通しが甘い

④圧倒的マイペース

    →自分は自分。人は人。 

 

どれも迷惑に違いはないが、①と④はこちらの思いがわかっていない可能性が高いので、直接対話することによって改善される可能性があると考えられる。

しかし、③は性格であり、改善されない可能性が高い。しかし本人に悪気はないので、こちらはのんびりと構えるしかない。

ただ、②に関しては一時的に改善されても、根本的に改善されることはなく、こちらとしても疲れたり、不愉快な思いをするばかりである。そのような場合には、必要最低限の付き合いに止めて置くことが最善の策と考えられる。

 

よって、どのタイプかを見極め、それぞれの方法でアプローチする。その結果改善されなかった場合は必要最低限の付き合いにすることが良いと考えている。