「愛のスコール」の名前だけでほっこりした

喉が渇いて立ち寄った自販機でブルーソーダ味のスコールを見つけた。

スコールといえば「緑」のイメージだったので、これは珍しいと思い購入した。

 

 

美味い!ほんのりソーダ味がする優しい味だった。

 

 

そもそも、なぜ「愛のスコール」って名前なんだろうか?

 

気になって、つい調べてしまったところ、

 

「愛の」には、

「乳業メーカーの願い=愛」を込めて、さらに甘酸っぱい口当たりが「初恋=愛」を連想させるという意味が、

 

「スコール」には、

デンマーク語で「乾杯」という意味が含まれているらしい。

 

 

つまり!!!!

 

愛のスコール

 

 

 

「青春の甘酸っぱい初恋の思い出に乾杯!」

という意味だった。

 

 

ステキ!

アラサーの心にはグサっと刺さるキャッチコピー!

好きな子のことを考えてドキドキした青春を思い出させてくれるとは!

 

 

今後は現実に疲れたら「愛のスコール」を心に注ぎ込んで行こうと思う。